地域別エリアで選ぶ

フリーワード

現在地から検索

関東エリア

東海・関西エリア

職種別

登録制度

ご希望の勤務地・職種などが見つからず、今すぐに勤務ができない方のためにスタッフ登録制度をご用意しています。あなたの情報をご登録いただくことで、ご希望条件にマッチする仕事があった場合に、当社よりご案内をさせて頂きます。

登録制度の仕組み

登録のメリット

  • 忙しくて時間がない場合でも最初に登録するだけで、1年間キャリアを慎重に検討させて頂きます。
  • 特定の業種に限定することなく登録できますので、今までにないチャレンジの場が見つかる可能性があります。

注意事項

  • ご登録されたすべての方に選考の機会をお約束するものではありません。
  • 現時点ですぐに選考をご希望される方は登録制ではなく、通常募集にエントリーをいただけますようお願い致します。
  • 登録情報の有効期限は、ご登録から1年間とさせて頂きます。

スタッフインタビュー

タカノフルーツパーラー デザート厨房

タカノフルーツパーラー
デザート厨房
大豊さん

「他には無い技術が身につくと思ってタカノフルーツパーラーに応募しました!」

●タカノフルーツパーラーで働いてみていかがですか

タカノフルーツパーラーに応募したのは、やりたいことがあり、そのための勉強をしているため、自分の希望通りのシフトを組みたかったからです。また、フルーツのカットや、パフェ・ケーキといったデザートの調理の仕方など、ほかでは学ぶことができない技術が身につくと思ったこともきっかけでした。ペティナイフ(フルーツの皮をむいたり、カットしたりするためのナイフ)を持ったこともなかったので、覚えることはたくさんありましたが、アルバイトの先輩や社員の方に丁寧に教えていただき、知らなかったことをどんどん吸収できました。失敗したり、同じことで間違えたりしても、サポートしてもらえるので助かっています。

●タカノフルーツパーラーでアルバイトをしていてどのようなことが大変でしたか

タカノフルーツパーラーのパフェやケーキ、ドリンクデザートは、季節ごとのメニューがあり、1~2か月のサイクルで変わります。覚えた頃にメニューが変わってしまったということにならないように、メモをとり家に帰って覚える努力をしなければなりません。また、送られてきた大量のフルーツを種類ごとに整理して大型の冷蔵庫にしまうのですが、アルバイトを始めたばかりの頃は、フルーツの種類がわからず苦労したこともあります。ほかには、一度に複数のパフェやデザートのオーダーが入ってきたときに、効率よくデザートを調理できるようになるまでに時間がかかりました。

●タカノフルーツパーラーでアルバイトしていてどんなときが嬉しかったですか

タカノフルーツパーラーに入店した当時は、フルーツパフェを作っている先輩アルバイトの方を見て、「すごいな」と感心していました。アルバイトをはじめて1年以上経った今、自分がフルーツパフェを調理できるようになったことが一番嬉しいです。

タカノフルーツパーラー デザート厨房 職場の雰囲気

タカノフルーツパーラー デザート厨房

タカノフルーツパーラー
デザート厨房
長谷川さん

「今のパフェおいしかったわ!とお客様からお褒めいただいた時は、本当に嬉しい!」

●タカノフルーツパーラーでアルバイトをしていて、嬉しかったことは何ですか

タカノフルーツパーラーの厨房で働くアルバイトスタッフは、お客様の反応を直接見ることはできません。ホールスタッフに「お客様から「今のフルーツパフェおいしかったわ」とお褒めの言葉をいただいたよ」と教えてもらえるので、その時は本当に嬉しいですね。

●タカノフルーツパーラーでアルバイトをしていてどのようなことが大変でしたか

タカノフルーツパーラーは毎月、各店舗限定の旬のフルーツパフェやケーキなどのデザートメニューを考えるのですが、それが良い意味で大変です。とくにタカノフルーツパーラーのグランドメニューは、各支店の社員・アルバイトが競い合ったうえで決まっていきます。自分の考えたフルーツパフェやケーキが採用されるように、新しいアイデアを盛り込まなければいけないので、やりがいもありますが、同時に大変でもあります。

●タカノフルーツパーラーはどのような雰囲気の職場ですか

タカノフルーツパーラーは、忙しい職場ですが上下関係はあまりなく、お互いに助け合ってフルーツパフェやケーキなどのデザートを調理しています。メイト(アルバイト)の方もたくさん働いていますが、責任感が強い方ばかりなので、社員、アルバイト関係なく仲がよく、雰囲気もよいです。フルーツパフェやケーキなどのデザートメニューを考えるときは、ホールスタッフに意見を聞いたり、お客様の反応や様子などの情報をもらったりするなど、コミュニケーションをとることも大切にしています。また、フルーツを扱う仕事のため、スイカ4玉入りの箱を持ち上げたり、生クリームを練ったりする作業も多いので、ハッキリ言いますが筋肉がつきますね!

タカノフルーツパーラー デザート厨房 職場の雰囲気

タカノフルーツパーラー ホール

タカノフルーツパーラー
ホール
佐藤さん

「小さいお子様連れのお客様にソファ席を案内して喜ばれたときは、自分でも嬉しかった」

●タカノフルーツパーラーでアルバイトをしていて、嬉しかったことは何ですか

フルーツパフェやケーキをお楽しみのお客様に顔を覚えていただき、話しかけていただいたり、気にかけていただいたりしたときが、タカノフルーツパーラーでアルバイトをしていて嬉しかったことです。また、小さいお子様連れのお客様にソファ席を案内して喜んでいただくと自分も嬉しいです。「こんにちは」とお声がけして、お客様にお応えしていただけると、それだけで気持ちが明るくなります。

●タカノフルーツパーラーでアルバイトをしていてどのようなことが大変でしたか

タカノフルーツパーラーにはいろいろなお客様がご来店され、フルーツパフェやケーキなど注文される商品もさまざまです。お客様一人ひとりに合わせた接客はとても難しいと思っています。また、お客様の年齢の幅も広いので、自分の今までの経験だけでご満足いただけるのか心配になるときもあります。お客様の気持ちをくみ取って対応できるようにしていくことが、アルバイトをしていくうえでの自分の課題です。

●タカノフルーツパーラーはどのような雰囲気の職場ですか

タカノフルーツパーラーは、フルーツパフェやケーキなど覚えるメニューが多いため、新しく入ったアルバイトの方に早くなじんでもらえるように話しかけるようにしています。忙しい職場なので、自分の作業だけでいっぱいになってしまい、気分が暗くなってしまうこともあります。自分が入社したての頃、先輩から「大丈夫?」と声をかけられたのが嬉しくて、頑張ろうと思った経験があるので、社員・アルバイト同士で声をかけあって、雰囲気を盛り上げるようにしています。

タカノフルーツパーラー  職場の雰囲気

新宿高野 ケーキ販売

新宿高野
ケーキ販売
茂木さん

「キラキラした商品が好きでタカノに応募しました!」

●新宿高野で働いてみていかがですか

以前は客として、タカノフルーツショップ横浜そごう店やタカノフルーツパーラー京急上大岡店を利用していました。新宿高野に応募したのは、フルーツ満載でキラキラしている商品にあこがれがあり、フルーツパフェやケーキなどのデザートを扱う新宿高野でアルバイトをしてみたいと思ったからです。
実際に働いてみると、ケーキのギフトラッピングに不慣れなため時間がかかってしまい、緊張してしまったことがあります。そんなとき、お客様から「あせらないでいいわよ」と優しい声をかけていただいたときは、本当に嬉しかったです。最近では、お客様に自分のことを覚えていただけるようになりました。

●新宿高野でアルバイトしていてどのようなことにやりがいを感じますか

ケーキを調理する厨房が併設されている新宿高野でアルバイトしているため、作りたてのデザートを販売できることが、やりがいになっています。フルーツケーキのショーケースを見ながら「素敵!」「おいしそう」というお客様の声を聞けるのが大変嬉しいです。たまにお客様からケーキについてのご要望をいただくことがあるので、ケーキ担当のチーフに、その内容と自分のアイデアも一緒に伝えるようにしています。少しでもお客様に喜んでいただけるように心がけています。

●新宿高野でアルバイトしていて笑顔を忘れない秘訣は何ですか

小さい頃から母に笑顔の大切さをよく言い聞かされてきたので、いつも意識しています。フルーツケーキをご購入いただいた時のお客様の嬉しそうな笑顔が好きなので、これからも新宿高野でアルバイトを続けていきたいと思っています。

新宿高野 ケーキ販売 職場の雰囲気

新宿高野 ケーキ厨房

新宿高野
ケーキ厨房
栗原さん

「周りのスタッフや販売スタッフとコミュニケーションをとるように心がけています!」

●新宿高野でアルバイトをしていてどのようなことが大変でしたか

家族がもともと新宿高野のケーキが好きで、小さな頃からフルーツたっぷりのケーキに親しんでいました。姉の趣味がケーキ作りだったということもあって自分もケーキを作るようになり、製菓の専門学校卒業後に新宿高野でアルバイトを始めました。入社後に愕然としたのは、趣味で作っていたケーキとはまったく違って、今まで使ったことのないフルーツをカットしたり、しかも迅速にケーキを仕上げたりしなければならなかったことです。自分ではケーキ作りが得意だと思っていたのですが、プロとして働く先輩との落差をつくづく感じました。就業中はスタッフみんな忙しく、誰かに教える余裕はありません。先輩の仕事を見て盗みながら調理の経験を積んでいたのですが、どうしても仕事を教わりたいと思った先輩に、自分から積極的にお願いして、アルバイト後にケーキ作りを教えてもらうようになりました。今の自分があるのは、その先輩との出会いがあったからです。丁寧に仕事を教えていただき、本当にラッキーだったと思います。

●新宿高野でアルバイトをしていて苦しいときは何が支えをなりましたか

新宿高野でフルーツケーキの調理手順を教えていただいた先輩、同期のアルバイト仲間、専門学校時代の仲間です。いろいろと話すことが心の支えになっていたと思います。

●新宿高野では何に気をつけてアルバイトをしていますか

新宿高野のケーキ厨房や販売スタッフとして働く社員の方、アルバイトの方みんなとコミュニケーションをとるように心がけており、日頃からみんなと仲がよいです。おかげで、販売のアルバイトの方には、厨房でデザートを調理しているとわからないお客様の反応を教えていただいています。

新宿高野 ケーキ厨房  職場の雰囲気

会社紹介

昭和12年に新装した本店ビルの店先
新宿高野は新宿駅開業と同じ明治18年(1885年)に東京・新宿に「フルーツ専門店」として産声を上げて以来、新宿とともに発展し、常に最高の美味しさと品質を求め続けてきました。いち早く産地や生産者に注目し、他に先駆けて自社工場を設立、フルーツの魅力を生かしたオリジナル商品の開発、さらにはフルーツパーラーを展開するなど、常にフルーツの美味しさと可能性を追求してきました。
フルーツギフト専門店として、お客様の信頼を裏切らず、一人一人のご要望に上質な商品とサービスで誠心誠意お客様にお応えしたい。時は移り、人の価値や街の風景は変わっても、その思いは変わることなく、新宿高野は次の100 年を目指します。
昭和12年に新装した本店ビル

昭和12年に新装した本店ビル(左)
と店先(上)

マスクメロン専用ショップ

2006年にオープンした、本店B1フロアにあるマスクメロン専用ショップ

タカノグループの3つの業態と自社製造工場

■フルーツ業態

フルーツ業態

新宿高野はフルーツに特化し、あくまでもフルーツにこだわりを持ち続ける、歴史あるフルーツ専門店です。
フルーツの産地開発に始まり、色・形・大きさ・鮮度・糖度など、良質なフルーツを見抜く確かな目での選別や、食べ頃の見極めにより厳選された商品の提供を可能にしています。
伝統のある専門店だからこそできる、高級フルーツギフトの展開は、旬と行事を大切にしており、お客様の大切な日をより一層思い出深いものにできるよう、最高の“おもてなし”を心がけています。

■フルーツパーラー業態

フルーツパーラー業態

タカノフルーツパーラーは、世界に類を見ない飲食業態として、これまでお客様に大きな支持をいただいて参りました。厳選された季節感あふれる旬のフルーツ、新鮮な食材、洗練されたサービスにこだわり、味覚・視覚など五感のすべてにインパクトを与えるメニューと空間演出が特長です。フルーツをふんだんに使用した主力商品である旬の各種パフェ、季節により年間で7回テーマフルーツが変化するグランドメニュー、そして本店など一部の店舗ではフルーツのコースメニューの提供など、バリエーション豊かな、フルーツを味わい尽くすメニュー内容になっています。

■クチュール業態

クチュール業態

タカノの中核商品であるフルーツを素材に、生ケーキ・焼き菓子・デザート・ジャム・サラダ・パン等のオリジナル食品を展開し、季節感あふれる豊富な食べ方バリエーションによる"フルーツのある生活"の提案と情報提供をしています。
フルーツの美味しさやみずみずしさを充分に引き出して仕立てるオリジナル食品は、他には例をみない「フルーツ仕立て=フルーツクチュール」というコンセプトで商品展開しています。

■自社製造工場

自社製造工場

「フレッシュ&フルーティ」を陰で支える直営工場。
フルーツ専門店ならではの確かな目で厳選されたフルーツをふんだんに使用し、伝統の製法、洗練された技術、との斬新なアイデアの融合により、ケーキ・焼き菓子・パン・ジャム・デリカなど、素材を充分にいかしたタカノオリジナル商品が続々と誕生しています。
フルーツのイメージである季節感、旬、鮮度感をもとに、「自然」「健康」「高品質」をテーマとして商品開発をすすめています。

自社製造工場2
  • Check